千住のコンテンツ感想ノート

ゲーム・書籍・アニメ等の感想

【燈と光のアトラクション】江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博

アート系アトラクションという斬新さに惹かれ、美術展にあまり行かない友達を誘っていってきました。ここなら一緒に楽しめるだろうと思いましたが、大正解でした。

 

edotokyoakari.com

 

会場は神田明神、つまり神社の敷地内です。不可侵・清浄・非日常などの条件が揃った神社。破壊されやすいという開かれた展示の短所をうまく補いつつ、美術館ほど敷居が高くないという美味しい場所だなぁと思います。

 

senju.hateblo.jp

 ↑余談ですがこの展示も神社で、すばらしい空気感でした

 

展示会場の建物に入るとまず売店の完成度がすごかったです。神社にきた人が欲しいものわかってるなぁ〜と唸ってしまいました。お札と出自が同じ神棚や、盛り塩にも料理にも使える祈祷済み小皿など。あかり展入場前から神田明神の持つ繊細な経営センスにほれぼれしてしまいました。

 

あかり展会場は地下階で、ミラーボーラーの小型作品が出迎えてくれました。ずっとミラーボーラー作品の実物を見たかったので嬉しかったです。

f:id:senjunoriko:20200130192020j:image 

↑写真でも十分あざやかですが、実物はもっとすごいです

 

本展示はストーリーがあり、寸劇があり、観客の選択によって結末が分岐します。それもきちんと作り込まれているので、ぜひ話半分に聞き流さずどっぷりと世界観に浸っていただきたいです。私は伏線を拾いそびれて望んだエンドへ行けませんでした……。

 

f:id:senjunoriko:20200130192013j:image

↑【吉良 義央/シーズクラフト、デジタルモーション】

半透明のスクリーンに投影されたイケメン。映像作品かと思いきや、なんと会話ができる。声優さんや演技の方向性が日々変わるのも公式サイトいわく「やりこみ要素」

 

また、展示されているアート作品の解説もかなり初心者向けで丁寧でした。どんな作者で、どんな目的の作品か、どのように観賞するとよいかなどが噛み砕かれて書かれています。「なるほどたしかに!」と思いながら、あかりや光がテーマの作品たちを楽しく見て歩くことができました。


f:id:senjunoriko:20200130192008j:image

↑【宇宙ガラス/戸水賢志】


f:id:senjunoriko:20200130192017j:image

↑【伊吹の荒神/早川 鉄兵】


f:id:senjunoriko:20200130192003j:image

↑【青森ねぶた「ダーク吉良」/北村 春一】

プロジェクションマッピングが前提のねぶたという意欲作

 

アトラクションという形式をとることで誰でも楽しめるアート展示となっており、デートや友達連れにぴったりでした。作品の方向性や解説も「誰でも」という方向性からブレず、スタッフさんたちも積極的に声をかけてくれます。中にバーがあってお酒も飲めます。ぜひ遊びに行ってほしいイベントです。

【体験版】void tRrLM(); //ボイド・テラリウム 【ファーストインプレッション】

日本一ソフトウェアニンテンドーSwitch向けに新作を出すそうです。ホラーゲーム『夜廻』の世界観が素晴らしかったので、ぜひ今作もと体験版をダウンロードしてみました。

nippon1.jp

↑公式サイト。緑が印象的です。

 

今作も公式サイトと体験版序盤に触れただけで、その世界観の厚みが伝わってきました。『夜廻』に続き、ただでは終わらせない操作チュートリアルが圧巻です。今作はSFということで、操作キャラはロボット、メンター的なキャラクターもAIとなっています。これがすごく人間くさい。主人公のロボットが出会う、物言わぬ弱った少女とは対照的です。

 

ゲームは主に少女のお世話をするストーリーパートと、そのための素材などを集めに行く探索パートで構成されています。探索パートのシステムは、古いゲーマーだと「チョコボの不思議なダンジョンにかなり似てる」と言えば通じると思います。

 

f:id:senjunoriko:20200111192601j:image

↑探索パートのダンジョン。すごい懐かしさがある。

 

マップはランダム生成、1マスの移動もしくは1アクションを1ターンとして時間が遷移します(これをロボットが戦闘用認知を起動したと表現するあたりも素敵)。レベルが上がるたび二つのパッシブスキルが提示され、そのどちらかを習得して強化していきます。レベル、装備品、ストックに移せないアイテムなどはダンジョン離脱時にすべて精算されリセットされます。

 

f:id:senjunoriko:20200111192809j:image

↑公式サイトのスクリーンショット集より。最初は脳死でレア度の高い方を選んでいればいいけれど、そのうちこれが生死に直結していきそう。

 

『夜廻』で唯一不満があった点といえば、その操作性の悪さでした。うまく走れない少女の弱さやおばけに追われる恐怖を表現する上で仕方なかったのかもしれません。そこに秀でた開発陣ではないのかもわかりません。しかし今作では、1マス1ターン制により、ロボットのか弱さとストレスない操作環境を両立できているように思います。

 

ダンジョン攻略も少女のお世話も、リソース管理がかなりシビアになりそうです。公式サイトをみると、少女を襲う病魔の数々がかなりていねいに紹介されていました。夜廻のときも思いましたが、この会社には幼女を酷い目にあわせることにロマンを感じる偉い人がいるのでしょうか。ものすごい熱量です。

 

f:id:senjunoriko:20200111192828j:image

↑公式サイトより。つらそうなのだけれど見てみたくなる暗い魅力がある

 

ぱっと見は人類の最後の生き残りみたいですが、この少女が本当に人間だとは、人間側が本体だとは一度も言ってない気がして不安にも楽しみにもなります。

 

f:id:senjunoriko:20200111192918j:image

↑体験版の最後

 

フルプライスゲームとしてはやや高額ですが、『夜廻』はそれを裏切らぬアート作品として私をたのしませてくれました。今回もきっとそうだと、世界観を大切にするゲーマーには強くおすすめできます。発売が楽しみです。

 

 

いま気付きましたがPS4版もでるんですね 

 

【ネタバレ注意】目 非常にはっきりとわからない展【いるはずのないAudience】

事前の情報公開いっさいなし、SNSで「謎解きみたい」「ほんとうにわからない」と評判になっていた美術展。最終日に駆けこみで行ってきました。

 

【目 非常にはっきりとわからない展】

http:// http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html

f:id:senjunoriko:20191229105758p:plain

↑公式のチラシ。へんなところで切れているのはスクショが下手だからではなく、最初からこういうデザインです。

 

 

公式サイトをみても地球磁場逆転地層(チバニアン)から着想を得たこと以外あまり情報が拾えません。公式PVも、目のメンバーと思しき人たちが釘を打ったり梱包したりの作業をしているのみです。

 

※以下ネタバレありで体験記・感想を書きます。ご注意ください※

 

 

 

 

 

美術館に到着した私を出迎えたのは、長蛇の列でした。思った以上にこの展覧会は評判だったようです。

 

列に並んだものの、会場の様子がすでにおかしい。足場が組まれ、養生がされているのです。受付では会場内で携帯を取り出さぬよう注意を受けました。撮影禁止を課している美術展は多いですが、取り出しまで制限されるのは珍しいことです。また、「Audience」と書かれたシールを渡され、目立つところに貼るよう指示をうけました。

 

千葉市美術館は縦に細長く、会場は7階と8階。さっそく会場へ向かうことにしましたが、エレベーターの中もがっちり養生されていました。

 

7階に降りると、これまた養生、開封されていない荷物、足場と工具が散乱していました。まるで美術展などやっていないかのように。そしてスタッフがいそいそと荷物を動かしているのです。

 

「なるほどこういう展示ね」と笑いながら8階にのぼりました。しかしそこには、7階とまったく同じ光景が広がっていたのです。ほんとうにまったく、物の位置が全部同じなのです。

 

ぽかんとしながら再び7階に戻ると、スタッフが動かしていたはずの荷物がもとに戻っていました。ん??

 

何度も7階と8階を往復しましたが、この会場で何が起こっているのかなかなか掴めませんでした。会場の様子が動く。かと思えばいつの間にか戻っている。スタッフはいそいそと動き続けているのに……。会場の壁にある展覧会のポスターたちもおかしい。全て10月下旬から11月に始まる展覧会のもので「非常にはっきりとわからない展」のポスターが見当たらないのです。

 

諦めて最上階で休憩を取ろうと、エレベーターへ。すると半透明の養生のむこうに「非常にはっきりとわからない展」のポスターがあり「予告」のシールが貼られていました。

 

f:id:senjunoriko:20191229112405j:image

↑最上階のレストランで何が起きているのか必死に考えたメモ

 

 最上階のレストランで考えこんでいると、隣の席のおじさまが興味深い話をなさっていました。「劇団悪魔のしるし 搬入プロジェクト」というパフォーマンスの話です。それは搬入可能ぎりぎりサイズのオブジェを作って会場に運びこむ、それ自体を観客に公開するとのこと。

 

搬入。芸術の関係者にとっては当たり前のことですが、一般客にとっては未知の世界です。この「非常にはっきりとわからない展」でも、いるはずのないAudienceの前で、過去であるはずの搬入が行われていました。

 

大きなヒントをもらって食事を終え、改めて会場に戻ると新しい発見がありました。一見無秩序に見えたスタッフたちですが、途中まで搬入を進めたかと思うと、時計の針が逆回りしているかのように物を戻し始めるのです。そして少し時間が経つとまた搬入を進め、逆再生で戻していく。

 

地球の磁場が反転した証拠であるチバニアン。それを思わせるかのように、ここでは時間が永遠に反転を繰り返し、展覧会が始まらずにいました。

 

タイムリープ、タイムスリップ、ループなどをテーマにした展示やアトラクションは多くありますが、時間反転を扱ったものには初めて出会った気がします。それと搬入を舞台にするあわせ技で、美術館の役割を大きく破壊して素晴らしかったです。また、細長いビルである千葉市美術館だからこそ、7階と8階で別な部屋の搬入が進んでは戻るという大混乱を仕掛け、ぱっと見では「非常にはっきりとわからない」展示にすることができていました。知恵熱が出そうなほど考えこんで、本当に楽しかったです。

 

本展の主催グループ「目」はこれが初めての美術館個展とのこと。今後もぜひ彼らの活躍を追いかけていきたいです。

【東京都現代美術館】あそびのじかん【ぜひ友達と行って】

今年春にリニューアルオープンをむかえた東京都現代美術館。そこが子供や美術初心者向けの展示をすると聞き、友達と行ってきました。

www.mot-art-museum.jp

 

おめあての作品は『ポジティブな呪いのつみき』。ポジティブな言葉が書かれたブロックを組み合わせて、自分だけの呪いが作れるという参加型作品です。

 

f:id:senjunoriko:20190910124020j:image
f:id:senjunoriko:20190910124024j:image

↑【ポジティブな呪いのつみき/TOLTA】

つみきは持ち上げると心地よいザラザラという音を立てる。上の写真は私が自分にかけた呪い。下はみんなの呪いが並ぶ棚。

 

ここで大盛り上がりして1時間近く遊んでいました。まだ言葉を知らない子供がつみきにかけられた呪いを全く感じず、ただ積んで遊んでいたのもどこか風流でした。つみきに書かれた言葉はワークショップで一般の人が選定したそうです。術式だけ整えて通行人の動きを使って呪いをかける陰陽師を思い出しました。

 

f:id:senjunoriko:20190910124051j:image

↑【漠然とした夢の雲/TOLTA】

こちらはつみきとは逆に参加者の語った夢で紡がれている。みんな呪いに夢中で誰も触らない。

 

他にも迷路、ぬりえ、おりがみ、など遊び心を刺激するモチーフでいっぱいでした。どれも決して子供騙しではなく、大人の好奇心をたっぷり満たしてくれます。一個一個解説してしまいたい気持ちもありますが、ネタバレ控えめで行った方が絶対に楽しいです。

 


f:id:senjunoriko:20190910124055j:image

 ↑【受験の壁/開発好明】

受験を模した壁を超えてもその先も迷路。壁にはさまざまな筆跡で「もんだい」が描かれていた。

 

友達とゲラゲラ笑いながら全身を動かして、とてもリフレッシュできました。かけた時間はたっぷり2時間。事前に「あそこそんなに大きくないし1時間あれば充分じゃないかな」なんて言って申し訳なかったです。閉館のお知らせを聞きながら慌てて退出するくらい夢中で遊べました。

 

昔は美術館が苦手でした。でもアート作品、特に現代アートの鑑賞は「作者の提示した世界観に丸乗りするのがコツなんだ」と気付いてから美術館が好きになりました。その原点は遊び、ルールに乗っかって楽しむことにある気がします。

 

リニューアルで親しみの増した現代美術館。その初の長期休みにふさわしいwelcome感あふれる展覧会でした。

【海浜の人工生命】テオ・ヤンセン展【札幌芸術の森】

 いつかネットのどこかで見た、巨大なアート作品が海辺を軽やかに駆ける動画。忘れられなかった彼ら「ストランド・ビースト」が札幌に来ると知り、お金を貯めて見に行きました。 

 


f:id:senjunoriko:20190803103224j:image

f:id:senjunoriko:20190803103124j:image

↑アニマリス・ペルシピーレ・プリムス

彼女の顔と「内臓」。ペットボトルに空気を溜め、それを使って動くとか。

 

 「ストランド・ビースト」は塩ビパイプで作られ、風を受けて動くアート作品です。というのはあまりに冷めた見方で、作者は彼らを本当に命として創造しているようでした。冬の間に製作し、春になると海辺に離し、改良を重ねる。進化しきったと思うと墓場に連れて行き、死なせる。そしてまた次の春に、パーツや設計の一部が新たなビーストとに引き継がれ生まれ来る。

 作者亡き後も浜辺で生き続けるビーストを目標に生みだし続けているそうです。

 

f:id:senjunoriko:20190803103703j:image

↑ストランドビーストの系統樹

本当に生き物として扱おうという強い意志を感じる。作品名もかなり学名っぽい。

 

 一度死なせたビーストなので、展示室にいるのはすべて「化石」なのだそうです。動作実演もあったのですが、それは「リアニメイト」と呼ばれていました。世界観があつい。本当に生き物を作ろうとしている。

 


f:id:senjunoriko:20190803103055j:image

f:id:senjunoriko:20190803103050j:image

f:id:senjunoriko:20190803111535j:image

↑アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ

アニメイト(動作実演)で歩いてくれた子。100kgとは思えぬ滑らかさで動くが、前にしか進めない。後世代の子は方向転換や水辺感知ができる。

 

 


f:id:senjunoriko:20190803103257j:image

f:id:senjunoriko:20190803103252j:image

↑アニマリス・オムニア・セグンタ

本邦初公開とのこと。この子も実演で動いてくれた。搭載機能が多く「全てを持った・二番」の名を与えられている。アングルが微妙なのは人だかりができていたため。

 

 

 解説職員さんが作者からの伝言として「この部屋にはストランドビースト菌がいて、あなたはすぐにストランドビーストを創ってみたくなる」と茶目っ気たっぷりに言っていたのも印象的でした。ビーストの基本的な作り方はネットで公開されており、各地で新たなビーストが生まれているそうです。自身の亡き後も生き続けるビーストという作者の目標は、ネットミームとしてもう既に達成半ばなのではと思いました。

 

f:id:senjunoriko:20190803103403j:image

↑ミニビーストのキット

私もビースト菌にやられたので買ってきました。

 

  生きたい。生き「残し」たい。この世界に自分がいた形跡を。そういう気持ちから創作に臨んでいる人は私の知り合いにも、作品しか知らない創作者にも多くいます。そんな中でも、死の超越への憧れがここまで純粋に強く現れている作品群は初めてでした。次に見るとき彼らがどこまで生き物になっているか、とても楽しみです。

【ネタバレ注意】天気の子【感想】

 「君の名は」で人気を博した新海誠監督の最新作。特にオタクの評判が高いということで、観てまいりました。

 

tenkinoko.com

 

 あらすじとしては、離島から東京に来た家出少年・帆高が、祈ると必ず晴れになる少女・陽菜と出会う恋物語です。社会からはじき出されたような二人は、やがて世界と陽菜を天秤にかけることを強いられます。記録的な豪雨に見舞われる東京を救うには陽菜の命が必要だと知るのです。

 

 新海監督の作品で初めて観たのは『秒速5センチメートル』です。こんなに文学っぽいアニメを作る人もいるんだ!ととても新鮮だったのをよく覚えています。

 私が好むような文学系の恋愛小説は「今まで積み上げてきた世界よりも、あなたがいい」が醍醐味のエンタメです。その積み上げは社会的地位だったり道徳だったりして、その世界は仕事だったり宗教だったりします。しかし、そこに積み上げがゼロの童貞学生を起用すると、本当に世界が壊れゆく。今作『天気の子』、新海誠セカイ系はそんな感じだなぁと思いました。

 

 特にセカイ系の演出に大きな役割を果たしていたのは、須賀の存在だったと思います。須賀は路頭に迷っていた帆高を自分の編集事務所に住まわせるのですが、彼こそが確たる「今まで積み上げた世界」を持った、世界より大事なものを選べない帆高の影であり続けます。彼がいるからこそ、彼が最後に帆高に手を差し伸べるからこそ、よりいっそう世界を壊す選択がまばゆい物語でした。

 

 表現手法はアニメーションですが、内容はかなり重く、文学好きにずっぷり刺さる作品だったと思います。実写で作られそうな核のシナリオが、アニメでしかできない色彩やアングルで花開く。そんな作品だと思いました。90-00年代十八禁ノベルゲー勢が沸き立っているのも納得でした。

 

tenkinoko.com

 

 

 

【開かれる無知の知】あなたの知らない脳--意識は傍観者である【感想】

Twitterで興味深い引用文をみかけて以来、ずっと欲しいものリストに入っていました。誕生日に贈ってもらい、あまりの面白さに一気読みしてしまいました。

 

あなたの知らない脳──意識は傍観者である (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

あなたの知らない脳──意識は傍観者である (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 ↑訳者は神経学者オリヴァー・サックス著「音楽嗜好症」「幻覚の脳科学 見てしまう人々」などを手がけたかた。表紙の時点で名著なのが確定してるぞ。

 

構成としては、脳の基礎知識を簡単な実験をまじえながら紹介し、意識の内分泌や遺伝の影響について切り込み、その知識をもとに「有責性とは」という社会的な問題まで深掘りしていきます。いずれの章も豊富な参考文献と実験・症例をもとに描かれており、作者の見識の深さが伺えます。特に「その症例から、何が言えるか」「その事例から、どんな考えが導かれるか」を誘導していくことに長け、目から鱗を落とすことに特化された作りでした。

 

専門的な内容のわりに難しくなく、高校生程度の理科の知識と、ネットニュースで流れてくる程度のパソコンやAIの知識、あとアメリカと日本の法制度の違いを軽くおさえていれば読み進めることができます。めっちゃ構成と文章がうまい。

 

なかでもやはり本書のメインである意思と有責性と犯罪の話が印象的でした。脳腫瘍によって大量殺人事件をおこした人。パーキンソン病治療薬の副作用でギャンブル依存になった人。彼らの「ほんとうの人格」はどこにあるのか、現代の科学はたどり着けていない。その前提を得ることで自己責任を強く求める人は優しく、優しすぎる人は冷静になれる気がします。ただ知的好奇心を満たすだけでなく、社会を大きく変えるため世に出た本であることをひしひしと感じます。

 

我々の行動は意識によって完全に支配されているわけではない。邦題にサブタイトルになっているそれを、目を逸らせない衝撃的な症例と実験の数々がつきつけてきます。世界の見方がコペルニクス的転回をする心地よい体験を保証してくれる名著です。